ダークチョコレート

?浦和Green – NOA マキコ-リラックスです?

チョコレートを食べると本当に幸せ?
板チョコをパキッと折るのが好きです?

ご利用者様が(チョコレートを食べることに罪悪感がある)と話していましたが、そんな事ないんです‼️

ポリフェノールは、ほとんどの植物に存在する苦味や色素の成分で、自然界に5,000種類以上あると言われています。
ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える作用があり、動脈硬化など生活習慣病の予防に役立ちます。

抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEと同様に強い抗酸化作用があります。
水に溶けやすい性質があるので、比較的短時間で作用しますが、長期間効果は持続しないので、毎日こまめに摂取します。

代表的なポリフェノール
アントシアニン
カテキン
カカオポリフェノール
ルチン
フェルラ酸
コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)
クルクミン
ショウガオール

カカオポリフェノールを含むチョコレートには血管を広げる作用があります。
血管に炎症があると血管が狭くなり血液の流れが悪くなりますが、カカオポリフェノールを摂取することで血管の炎症が軽くなり、血管が広くなるためです。

カカオポリフェノールにLDLコレステロールの酸化を抑える働きがあります。
さらに血管のしなやかさが増します。
ポリフェノール量の増加に伴い、HDLコレステロールも増加するため、動脈硬化の予防に働きます。

しみやそばかすなどの原因は紫外線による活性酸素です。
カカオポリフェノールには抗酸化作用があるので、活性酸素を除去し、肌のダメージを保護します。

カカオポリフェノールにはアレルゲンに対して抗体がつくられるのを防ぎ、肥満細胞からヒスタミンが放出されるのを防ぎ、アレルギーの発症を防ぎます。
また好酸球の働きを抑えるなど、アレルギー症状を防ぐためにいろいろ働きます。

ポリフェノールとは、ほとんどの植物に存在する苦味や色素の成分です。
抗酸化作用が強く、活性酸素など有害物質を無害な物質に変える作用があります。
代表的なポリフェノールが多く含まれる食品は以下の通りです。

アントシアニン…赤ワイン、ブルーベリー、なす、カシス、ブドウ

カテキン…緑茶、紅茶

カカオポリフェノール…ココア、チョコレート

ルチン…そば、かんきつ類、玉ねぎ

フェルラ酸…玄米

イソフラボン…豆類

クルクミン…ターメリック

ショウガオール…生姜

コーヒーポリフェノール…コーヒー

ポリフェノールの摂取量
日本人の食事摂取基準2015ではポリフェノールの目安量は記載されていません。
ポリフェノールを多く含む食品は野菜や果物、大豆製品なので、これらの食品は食事摂取基準に記載されている量を補うようにします。

カカオポリフェノールから生活習慣病予防などの健康効果を得るには、一日200~500mgを毎日何回かに分けて摂取します。