黄色くないひまわり

ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ

日本画家・堀文子、99歳のメッセージ。

2017年に白寿を迎えた日本画家の堀文子さん。

画壇に属さず、自然を師と仰ぎ、自由に、
自己流で描き続ける堀さんには全国に
多くのファンがいます。

今年で99歳になるも、「歳を取ったから偉いなんて、冗談じゃない。去年より今年のほうが偉いなんて、そんな馬鹿なことがありますか」と語る堀さんは、つねに現在(いま)を生き続けてきた日本画家です。

「人の一生は毎日が初体験」
「安全な道には驚きはない」
「安住は堕落」
「息の絶えるまで感動していたい」

本書では、これまでに堀さんが発表したエッセイやインタビュー、そして初載録となる最近の発言などから、いのちを描き続けてきた画家が「最期に伝えたい」珠玉の言葉の数々を伝えます。

書名の由来は、堀さんが74歳で描き、
本書のカバーにもなっている
「黄色くないひまわり」。

頭に種をぎっしり実らせ、大地を見つめて直立するその姿から、死は決してみじめな終末ではなく、「生涯の華々しい収穫のときだ」ということを、堀さんは学びます。

「いのち」を正面から見つめ続けてきた堀さんの言葉は、現代に生きる私たちに智恵と勇気を与えてくれます。