ゴルフ肘

(ゴルフ肘)は肘の内側の骨の出っ張り
(内側上顆)が痛みます。
ゴルフでダフって(土をたたいてしまって)起こることが多く、そのため(ゴルフ肘)と呼ばれるとも言われています。ダフったり、クラブを握る手が力んでいるために起こりやすいスポーツ障害です。

通常、人が物を握る動作では手首が反ります。手首を反らす筋肉 (手根伸筋)が働くためです。
一方、強く握りつつ手首を手のひら側に強く曲げるような動作では、手根屈筋という筋が働きます。
これは少々不自然な姿勢 なのですが、この際に働く手根屈筋が肘の内側上顆に付着するのです。この内側上顆への付着部に炎症が起こると(ゴルフ肘)が発生します。

ゴルフ肘は指を伸ばしながら手首を反らしていくのが効果的です。
これによ り手根屈筋が引きのばされ、繰り返し強く収縮しても内側上顆に強い牽引力がかかりにくくなるとされています。