親の愛情は無条件

?こんにちは、Green-NOAです?

GWで、のんびりゆったり中ですね?

近くの神社に⛩お参りに行きました。

ピカピカのランドセルを背負って
登校する子どもたちもGWで、ひと休みでしょうか。
とても可愛らしく、つい見守ってしまいます。
新入学・進学・進級など環境の変化が大きいこの時期、ハラハラドキドキしながら
わが子を見守っていらっしゃる方も
多いでしょう。

?『親バカ』でいいではないか❗️?
?親の愛情は無条件?

他の人と比べてどうなのか、
全体の中で自分はどの程度なのか…
人は生きていくうえで、否応なく
客感的に評価にさらされます。

学校という社会でも、点数をつけられ、
優劣をつけられることに変わりは
ありません。

でも親が子に抱く愛情は、
そうした客観的な評価とは無縁のものです。

成績が悪くても、
美人でなくても、
失敗しても、
無条件に愛してくれる人がいるからこそ、
人は安心して生きていけるのでしょう。

要領は悪いけど陰ひなたなく頑張る子、
不器用だけどやさしい子、
速くはないけどじっくり考える子、
学校や社会でいうところの「出来のいい子」とは違っても、子どもにはそれぞれの美点があります。

そうした美点を見つけ信じてあげられるのは、
親だけです。

親バカになるということは結局、
世間の物差しとは違う基準を持って、
わが子の良さを認められると
いうことなのかもしれません。

元気に生まれてきただけで、
ほほ笑んでくれただけで、幸せ。
わが子が小さかった頃にさかのぼって
記憶をたぐりよせてみると、
親としての「幸せ」の原点が見えてくるような
気がします。
そして、その幸せ感こそが
『親バカ』の原点。

何があっても、「親バカですから」と
笑ってわが子を信じることができたら、
とても素敵な親子関係だと思いませんか?